上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.09.29 これは何?
1254216841-090929_1533~01.jpg
最近立川消防署の前に出来た
立川拘置所
です。

外観はとても綺麗です。
とても拘置所には見えません。

ただし、モノレールの高松駅からはかなり歩きます。
立川駅北口から村山市民会館行きのバスに乗って
立川消防署前
で降りるのが一番近いです。
スポンサーサイト
2009.09.29 立川?
1254216315-090929_1349~01.jpg
1254216311-090929_1347~01.jpg
1254216307-090929_1357~01.jpg
1254216302-090929_1357~02.jpg
今日は立川に仕事。

最近出来た立川駅南口近くの
ラーメンたま館
の煮干しラーメン
青樹
さんにてラー食。

油そばにしてみました。
汁も煮干したっぷりでうまうまです。

油そばは混ぜたら混ぜるだけうまうまになりますねo(^-^)o
2009.09.28 東村山きくや
1254113010-090928_1217~01.jpg
1254113006-090928_1218~01.jpg
1254113002-090928_1218~02.jpg
1254112999-090928_1224~01.jpg
今日は東村山で仕事です。
昼ご飯は東村山きくや諏訪町店でいただきました。

武蔵野うどんの有名店で、肉汁につけていただきます。4Lで。

麺は硬めですが、つるしこでうまうまです。
あっというまに完食?
ごちそうさま
1254040624-090927_1731~01.jpg
うちの三女の子猫が洗濯物の中でお昼寝してます。
2009.09.24 みいこの絵
1253770649-090924_1432~01.jpg
1253770641-090924_1432~02.jpg
1253770637-090924_1432~03.jpg
1253770633-090924_1433~01.jpg
みいこが新しく絵を描きました。

名前は
プリティーニャンニャン
です。
2009.09.24 テスト
1253760549-090814_2059~01.jpg
1253760546-090829_1732~01.jpg
1253760542-090921_1112~01.jpg
今年の海の日開けから生後五週間の子猫を譲っていただき、うちで飼いはじめました。

名前は青い綺麗な目にちなんで、

サファイア

にしました。

やんちゃだけど、いい子猫です。

これからもよろしくお願いします。
2009.09.22 スケット団
昔、私は、読みもしないで、
「今の週刊漫画雑誌はなっとらん」
などと、このブログに書いたことがあります(銭ゲバの日)。

とんでもない勘違いをしておりました。

5月に、ふと、
かつて筒井康隆さんが
「現代を知るには、週刊少年漫画雑誌を2冊、定期購読して読みなさい。」
とおっしゃっていたのを思い出し(「乱調文学大辞典」収録「君も流行作家になれる」より)、
現代を知りたいと思った私は、早速
週刊少年ジャンプ
と、
週刊少年マガジン

買って定期購読しはじめました。

現代がわかったかどうかは分かりませんが、
いやあ、面白い、面白い。

なんでもっと早く読んでおかなかったんだろう。

自分が子供のころからやっていて、家に帰った気分になり、かつ勉強にもなるこち亀。

話はいまだによくわからないけど、キャラクターの宝箱のような万華鏡のような素晴らしいワンピース。

あまりのあほくささに思わず読みいってしまうゼロセン。

そして、時事ネタも入ってブラックな自虐ネタがおかしい絶望先生。

他にもいろいろと面白い漫画があって、毎週月曜日と水曜日が待ち遠しいです。

ジャンプとマガジンではカラーが違って、その違いがまたいいです。

今日お勧めする漫画は、
週刊少年ジャンプに載っている、
SKET DANCE
です。

絵もうまいし、話もよくできてて面白いし(伏線のはり方が見事です。いつも「そうきたか篠原先生!」と思います。)、ほろりと感動させられるときもあるし、
ワンピースなどに比べると、印象がやや地味ではありますが、お勧めです。

作 篠原健太
題名 SKET DANCE
集英社刊
みなさま、更新が遅くなりもうしわけありません。
えど主水です。

私が更新を怠っていたのは、ひとえに怠け者だったからに他なりません。
シルバーウィークにはいったのを機に、また更新を再開したいです。

本日お勧めの本は、ポプラ社からでている小学生向けの絵本
「だめねこのいっしょけんめい」です。

この本は、たまたまみいこが近所の図書館で借りてきたものを、読ませてもらいました。


その内容は、
ねずみがにがてな、ねこ(主人公。ねずみにまで馬鹿にされ、利用される始末です)
と、
木登りができない、さる
と、ほえるのがきらいな、いぬ
の3匹が、人間の元を去って(またはお払い箱にされて)、
まさに一所懸命にこの世界で生きていこうとするお話です。

他人から期待されているけれど、その期待に全くこたえられず、その他人から見捨てられた3匹(サルの場合は人ではなくて仲間のようですが)が、それぞれの特技(ねこは木登りができる、さるはすばしっこく動ける、いぬは鼻が利く)を生かして、連携してこの世界を生き抜こうとします。

そして、最後に、3匹はそれぞれの「居場所」を見つけて別れて、幸せに暮らしていきます。

他人から期待されても、その期待にこたえられない人は(私も含めて)たくさんいます。
そんな中で、自分の特技を見つけて、自分でこの世界で一所懸命に「居場所」を見つけていくことは大変です。

この本は、小学生向けに書かれた本ですが、
大人が読んでも十分に共感できると思います。

極端な話、ロードムービーのようなお話です。
ひたむきさと、別れの切なさと、さわやかな読後感があります。

大人も子供もぜひ。
「いっしょうけんめい」ではなく、「いっしょけんめい」という題名に、作者の思い入れがうかがわれます。

作 森山京
絵 伊東美貴
題名 「だめねこのいっしょけんめい」
ポプラ社刊


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。